丹波市の眼科『さくら眼科』です。小さなお子様からあらゆる年齢の方までこれまで勤務経験を活かし眼科一般、白内障手術、硝子体手術、緑内障手術など、高度な医療を提供いたします。篠山市、福知山市、西脇市、多可町など、近隣市町からもご来院いただいております。

こどもの弱視治療

こどもの弱視治療について

こどもの弱視「遠視・乱視などの屈折異常」により、視機能の発達がとまっている状態の「弱視」であれば、視機能の発達が完成する6歳頃までに「眼鏡をかけて、網膜にピントのあった鮮明な像を映す」ことで、最大矯正視力が向上して「弱視を改善すること」が期待できます。
ただし、6歳ぐらいまでに「最大矯正視力の向上」は、ほぼ頭打ちになり、それ以後の改善は難しくなってくるので、それまでに治療を完了しなければなりません。 弱視治療の基本は、まずは眼鏡装用です。眼鏡で矯正して網膜にピントをきちんと合わせ、鮮明な像を脳に送り、視機能の発達を促すことが必要です。
片方の目のみが特に悪い場合には、健全な方の目をアイパッチで遮閉したり、アトロピン等の目薬をいれて一時的に見えにくくしたりして、悪い方の目の発達を促す方法をおこないます。

弱視や斜視があると両眼視機能(両眼で立体的にものを見る力)の発達も十分でないケースが多くあります。
両眼視機能も、6歳ぐらいまでにきっちり獲得できないとそれ以後の発達が期待できないため、特に斜視を合併している場合にはプリズム眼鏡装用や大型弱視鏡やカイロスコープを用いた訓練を併用したりします。斜視の程度が大きい場合は幼少期に斜視手術が必要なケースもあります。
当院は視能訓練士が在籍しており正確な診断、治療が可能です。

診療時間
 9:00~12:00 手術
16:00~18:30 手術

診察受付時間

  •  8:30~11:30(コンタクト処方は11:00まで)
  • 15:30~18:00(コンタクト処方は18:00まで)

休診日水曜・土曜午後・日曜・祝日

〒669-3467 兵庫県丹波市氷上町本郷字道ノ下318-1

電話でご予約いただけます

0795-78-9128
アクセスマップ

駐車場(22台分)医院前の駐車場をご利用ください。

送迎車 お車でご来院いただけない方のために無料送迎サービスを行っています。ご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

PAGETOP
Copyright © 2020 さくら眼科 All Rights Reserved.