さくら眼科の診療内容

イメージ診療内容

眼科一般

白内障、緑内障、糖尿病網膜症、ドライアイ、眼精疲労、結膜炎、屈折異常(近視、遠視、乱視)等。目がみえにくい、目がかゆい、目がショボショボする、目が疲れる等々、お気軽にご相談ください。

コンタクトレンズ

ボシュロム、チバビジョン、クーパービジョン、ジョンソン&ジョンソン社の2週間交換ソフトレンズ、1日使い捨てソフトレンズ、その他ソフトレンズ、ハードレンズを取り扱っています。また、遠近両用コンタクトレンズ、乱視用コンタクトレンスも取り扱っています。


日帰り白内障手術

日帰り白内障手術

当院では、最新機器による日帰り白内障手術をおこなっています。
点眼麻酔後、2.4ミリの切開でおこなう極小切開超音波乳化吸引術をおこなっています。小さな切開でおこないますので回復が早く手術翌日よりよく見えるようになります。手術時間は約10分です。
白内障手術をご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

  • 手術顕微鏡 zeiss社 ルメラi
  • 白内障手術装置 alcon社 インフィニティ

遠近両用眼内レンズ(多焦点眼内レンズ)

白内障手術時に眼内に入れるレンズでは、現在単焦点眼内レンズが一般的です。しかし、単焦点眼内レンズでは、手術後は眼の調節機能がなくなるため、焦点(ピント)があう範囲は限定されます(すなわち、完全な"老眼"の状態になります)。したがって、通常の場合、術後は少なくとも1種類以上の眼鏡(老眼鏡など)が必要になります。
その欠点を補うように登場したのが多焦点眼内レンズです。
遠近両用眼鏡と類似のはたらきをもつことで、白内障手術によって失われる調節機能を一部回復させる可能性があります。このレンズを挿入した場合、めがねの必要性が軽減し、術後にめがねが全く不要になる場合もあります。
遠近両用眼内レンズを使用した白内障手術をご希望の方はお気軽にご相談ください。
(保険適用外診療のため自費となります。片眼 25万 両眼 50万)


オルソケラトロジー

オルソケラトロジーとは、就寝時に特別な高酸素透過性ハードコンタクトレンズ(オルソケラトロジーレンズ)を装用し、寝ている間に角膜の曲率(カーブ)をゆるやかに変化させることで視力を回復させる方法です。翌朝、オルソケラトロジーレンズをはずした後は1日中快適な視力が得られます。装用を中止することで元の状態に戻すことができる点で、レーシックができる年齢に満たないお子様にもおすすめです。また、寝ている間の装用ですので、コンタクトレンズが初めての方にも安心してお使いいただけます。しかし、レーシック同様オルソケラトロジーも誰もが適応というわけではありません。はじめの適応検査で適応かどうか診断していきます。


費用
適応検査3000円
オルソケラトロジーレンズ両眼13万円(片眼65000円)

詳細につきましてはさくら眼科(TEL0795-78-9128)まで
お問い合わせください。

加齢黄斑変性の治療

加齢黄斑変性は網膜の中心部である黄斑部が障害されるため、視野においても中心部分の、もっともよく見ようとするものが見えにくくなり、進行すると、大きく視力が低下します。
欧米先進国において成人の中途失明の主要な原因となっていますが、日本でも患者数が増加しています。
脈絡膜新生血管の成長を活性化させる体の中のVEGF(血管内皮増殖因子)という物質の働きを抑える薬(ルセンティス、アイリーアなど)を眼の中に注射することで、加齢性黄斑変性の進行を抑える事ができます。
注射は点眼麻酔で行い、5分ぐらいで終了します。